銀行の登録に使う印鑑

銀行用印鑑イメージ

以前、銀行の窓口に行ったとき、印鑑を渡したことがあったんですが、登録されている印鑑と違います。
と、窓口のおねえさんに言われてしまいました。

もともと、銀行用の印鑑は二本持っていたのですが、その二本ともかなり似ているものなので、どっちを使ったのかしっかり覚えていなかったために、間違えてしまったのです。
本人も実物を見てもほとんど判別が出来ないのに、銀行ではしっかりと見分けが付いているのですから、ただただ感心してしまいました。
人間の目だけでは、真偽の判断は難しいみたいですね。

最近では、銀行も偽造を防ぐために通帳に登録されている印鑑を表示させないようになってきていますからね。
しっかり本人が覚えていないと、面倒なことになってしまいます。
インターネット犯罪だって増えてきているわけですから、印鑑の管理だけでは、自分自身の口座に入っているお金を守ることが出来ませんしね。

そう考えると、銀行の登録に使う印鑑はやっぱりちょっと凝ったもののほうがいいですね。
それならば、他の印鑑と間違えることも無いですし、偽造の心配もほとんどありません。

銀行によって、登録できる印鑑というのはいろいろときまりがあるようですが、実印に比べれば、制約は少ないようです。
デザインが施されているような印でも可能らしいので、何かかわいい印鑑を使用するのもいいかもしれません。
せっかく凝ったものをオリジナルで作るのなら、使って楽しくなるような、デザインのものの方がいいですからね。

ページの先頭へ